越境する工芸

開催概要

第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ 越境する工芸

「第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ」は「越境する工芸」をテーマに、公募展と企画展で構成されます。公募展では、時代とともに変化し拡がる工芸芸術を世界的視野でとらえ、表現力豊かな新しい工芸作品を紹介します。企画展では、工芸を従来の枠組みから解放して、より広い視野でとらえます。工芸の技術的な精緻さだけを追い求めるのではなく、何よりも同時代をどのように観察し、表現に結びつけるのか。素材も考え方も多様な価値観による作品を一堂にご紹介します。


第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 越境する工芸
公募展:2019金沢・世界工芸コンペティション
企画展:越境する工芸
会 期:2019年11月10日(日)~11月21日(木)10:00-18:00
   ※会期中無休 入場無料
会 場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA, B

2019ビエンナーレいしかわ 秋の芸術祭



公募展

受賞・入選 Prize-winning and Selected artists

受賞・入選作品
123

1.大賞 菅野有紀子 《deep river》2018年 photo: OKAMURA Kichiro
2.優秀賞 青木千絵 《BODY19-1 孤独の身体》2019年 photo: IKEDA Hiraku
3.奨励賞 畑石修嗣 《Rin》2018年 photo: ISHIMARU Hiroshi


大賞: 菅野有紀子

優秀賞: 青木千絵

奨励賞: 畑石修嗣

審査員特別賞: 藤掛幸智, 廖勝文, 中田真裕, 大槻洋介, 歐立婷, 手塚まゆみ

入 選:

青木岳文, Kay APLIN, 浅野恵理子, 陳梅娜, 鄭亞平, 鄭用軫, Marc FISH, Kinga FÖLDI, Marie-Noëlle FONTAN, 藤野征一郎, 福田笑子, 福喜代, 古川千夏, 花塚愛, 井本真紀, 川瀬理央, 金淑善, 草間喆雄, 梁晊瑋, 松藤孝一, 松本千里, 松谷文生, Metal Research Lab, 宮島正志, 水代達史, 中井波花, 西川雅典, 西村圭功, 小笠原森, 岡本昌子, 奥村志暢, 小野彩香, Jennifer ROBERTSON, 三枝一将, 酒井智也, 佐々木雅浩, 佐藤典克, 佐藤静恵, 佐藤友佳理・寺田天志, Lotte SCHLOER, 柴田あゆみ, 鹿田洋介, 清水香, 五月女晴佳, 竹内君則, 丹羽シゲユキ, 田中謙太郎, 田中悠, 田代璃緒, 戸叶惠介, 豊海健太, 坪内真弓, 塚田美登里, 津守秀憲, 鶴野俊哉, 上前功夫, 鵜飼康平, Youjin UM, 山田武志, 山本真郎, 山浦陽介, 吉田まゆ, 余成忠, 由良りえこ, 曾祥軒



審査員 Judges

モニカ・ビンチク
メトロポリタン美術館
アジア美術部日本工芸
アシスタント・キュレーター

Courtesy of the Takagamine
Forum, Kanazawa 2017

チョ・ヘヨン
韓国工芸デザイン文化振興院
事務局長、元アートディレクター

外舘 和子
工芸評論家、
多摩美術大学教授

大樋 陶冶斎
陶芸家、文化勲章受章者、
日本芸術院会員

中川 衛
金工作家、
重要無形文化財 彫金 保持者

島 敦彦
金沢21世紀美術館 館長



企画展


参加作家
石塚源太, アニッシュ・カプーア, マリア・コシェンコバ,
満田晴穂, 宮永愛子, ハリー・モーガン, グレイソン・ペリー,
阮文盟, 西條茜, 徂徠友香子, 髙田安規子・政子,
高樋一人, 照屋勇賢, 碓井ゆい

越境する工芸イメージ

  1. 石塚源太 《Surface Tactility #11》 2018年 
    Courtesy of the LOEWE FOUNDATION
    photo: LeChuck Studio
  2. マリア・コシェンコバ 《Red Open White Heart》 2014年 
    photo: Kurt Rodahl Hoppe
  3. 西條茜「Grotta/胎内の孤独」 同時代ギャラリー 2018年 
    photo: KORODA Takeru
  4. 阮文盟 《知恵の回路》 2018年
  5. 満田晴穂 《自在油蝉》 2017年
越境する工芸イメージ
  1. 髙田安規子・政子 《切り札》 2011年 タグチ・アートコレクション蔵 photo: INA Eiji
  2. 碓井ゆい 《our crazy red dots》 2017年 第一生命保険株式会社蔵 photo: UENO Norihiro
  3. 徂徠友香子 個展 「Archè」 2018年 Megumi Ogita Gallery photo: Andrea Castiglioni
  4. 宮永愛子 《waiting for awakening – chair》 2012年 金沢21世紀美術館蔵 © MIYANAGA Aiko photo: TOYONAGA Seiji courtesy of Mizuma Art Gallery

イベント

金沢・世界工芸フォーラム
コンペティションの授賞式及び審査員等によるトークを実施します。

日時:2019年11月10日(日) 13:30-17:00(開場13:00)
会場:金沢21世紀美術館 シアター21
定員:100名(参加無料・要申込)
出演:モニカ・ビンチク、チョ・ヘヨン、外舘和子、中川衛、島敦彦 (コンペティション審査員)
   金子賢治 (茨城県陶芸美術館 館長)
   十一代大樋長左衛門 (陶芸家、国際陶芸アカデミー(IAC)会員)

お申込方法:
参加のお申込は、郵便かFAX、またはメールにて受け付けます。
「お名前」「ご住所」「ご連絡先(電話・FAX・メール)」「ご職業・所属先等」をご記入の上、下記事務局までお送りください。
※申込後、事務局から連絡はいたしません。当日直接会場にご来場ください。定員に達した場合のみ、事務局から連絡いたします。

金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会 事務局
〒920-0961 石川県金沢市香林坊2-4-30 香林坊ラモーダ 8F
FAX:076-265-5108
E-mail : contact@kanazawa-kogeitriennale.com

アクセス

会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA、B
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1



駐車場
■ 「金沢市役所・美術館駐車場」をご利用ください。
■ 利用時間 午前8時30分~午後11時
■ 駐車可能車両
■ 普通自動車・軽自動車で長さ5.0m、高さ2.1m、幅1.9m以下のもので、二輪車を除きます。
 (駐輪場は地上にあります。)
■ マイクロバスは、長さ7.2m、幅2.3m以下で2台駐車できます。
 (予約はできません。)
■ 駐車台数 322台
■ 週末や繁忙期には周辺の道路を含め駐車場が大変混雑します。

◆駐車場使用料金(消費税含む)

区 分 時間帯 基本料(30分間) 追加料金(30分毎)
平 日 午前8時30分~午後5時45分 無料 150円
午後5時45分~午後11時 350円
土・日曜日・祝日 午前8時30分~午後11時
夜間 午後11時~午前8時30分 1,000円
(この時間帯は、入出庫できません。)

•満車の場合は、周辺の公共・民間駐車場をご利用ください。
•大型バスの駐車場はございません。
•バスは、近隣の駐車場(石川県兼六駐車場、金沢市長町観光駐車場)へ回送してください。
•金沢市駐車場案内はこちら



JR金沢駅から

[バス]
路線バス:
JR金沢駅バスターミナル 兼六園口(東口)3番、6番乗り場よりバスにて約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ。兼六園口(東口)8~10番乗り場よりバスにて約10分「香林坊(アトリオ前)」下車、徒歩約5分。

城下まち金沢周遊バス:
JR金沢駅バスターミナル兼六園口(東口)7番乗り場から約20分「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」にて下車すぐ

まちバス(土・日・祝日のみ運行):
JR金沢駅バスターミナル兼六園口(東口)5番乗り場から約20分「金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)」にて下車すぐ

兼六園シャトル:
JR金沢駅バスターミナル兼六園口(東口)6番乗り場から約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ

[タクシー]
JR金沢駅兼六園口(東口)タクシー乗り場から約10分

小松空港から

金沢駅まで、空港連絡で約40分。
金沢駅より上記路線バスに乗換。

北陸自動車道から

金沢西ICから  約20分
金沢東ICから  約20分
金沢森本ICから 約25分

※金沢へのアクセスは、金沢市観光協会公式サイトをご覧下さい。



お問い合わせ

金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会 事務局
〒920-0961 石川県金沢市香林坊2-4-30 香林坊ラモーダ 8F
FAX:076-265-5108
E-mail : contact@kanazawa-kogeitriennale.com